臼蓋形成不全について…。 《Twitterアカウントをお持ちの患者さんへ♪》


■はじめに…。
■“ハッシュタグ”とは?
 ※ハッシュタグ投稿の際の注意点。(2015年5月24日掲載・5月27日画像追加&訂正)
 ※“非公開設定”にはされないことを、お勧めします。
 ※検索結果を全て表示させる方法について。
 ※ハッシュタグ“#hipjoint”について。
■フォローを頂く前に…。
■“プロフィール”にも、ちょっと工夫を。♪
■必要最低限の“使い方”を習得されてください。
■アカウントをお持ちでない患者さんへ。





■はじめに…。


『臼蓋形成不全について…』管理人“薄野の舞姫”は、10年8月より“ツイッター”(Twitter)に参戦しました。
メディアでは、「ミニブログ」とか「短文投稿サイト」などの表現をよくお見受けしますが、なんだかピンとこない…というかたは、まずはこちらをご一読頂ければ幸いです。 → 『3分でわかるツイッター(Twitter) - ツイナビ・Twitter 公式ナビゲーター』

いまどき時代錯誤も甚だしい古式なホームページ形式の個人サイトを長年運営し続けてきた舞姫ですが、こんなアナログ人間の自分も、なにかひとつくらい旬のツールを…と思い立ったのが、Twitterを始めたきっかけでした。これまでのネット上のツールとは、また一味違った交流や情報交換のできるきっかけになれば…と思ったわけですね。情報拡散力&収集力に優れたTwitterは、多くの患者さん達との出会いを舞姫に導き、現在ではこのTwitterを通じてたくさんの患者さん達と有意義な交流&情報交換をさせて頂くに至っています。

※以降、本文中に記述のTwitter用語に、Twitter 公式ナビゲーター twinavi [ツイナビ]よりリンクを貼らせて頂いています。

◎ページ先頭へ


■“ハッシュタグ”とは?

Twitterには、“ハッシュタグ”(hashtag)と呼ばれるコミュニティ機能があります。これは特定の文字列の先頭にハッシュマーク“#”を添えたタグをツイート文中に入れることで、そのタグを含むツイートをカテゴリ化させる機能で、投稿するとタグにハイパーリンクが自動的に貼られ、クリックするとタグを含むツイートが検索抽出されて、一覧表示される仕組みになっています。

現在、Twitterでは #股関節疾患 という“日本語ハッシュタグ”において、多くの患者さん達による積極的な交流&情報交換が展開されています。アカウントをお持ちの患者さんは、差し支えなければお気軽に #股関節疾患 を添えてツイートして頂ければ幸いです。

◎ページ先頭へ


※ハッシュタグ投稿の際の注意点。(2015年5月24日掲載・5月27日画像追加&訂正)

◎タグの前後には、かならず“半角スペース”を!

最も重要な注意点ですが、ハッシュタグの前後には、かならず半角スペースを入力して、タグの前後に隣接する文字と密着させない状態にしてください。これをしないと、タグを含むツイートが検索結果に反映されなかったり、タグと隣接する文字と一緒くたになって誤認識されてしまったりする要因となるそうです。複数ハッシュタグ併用される場合も、タグとタグとの間には半角スペースを忘れずに入れて、タグ同士が密着しない状態になるようにしてください。

↓タグが文中に入る場合の投稿例。(文末にタグを置く場合、タグの右側に半角スペースは不要です)



◎ハッシューマーク“#”を使ってください!

時折、ハッシュタグの先頭に「♯」を使用されているかたをお見受けします。見た目には、とてもよく似ているので、外観上は判別が難しいのですが、「♯」“シャープ記号”といって、“ハッシュマーク”「#」とは違う種類の記号なので、タグにする文字列の先頭に付けても、ハッシュタグとして正しく機能しません。ハッシュタグには「♯」ではなく、かならずハッシュマーク「#」を使ってください。
例: ×  ♯股関節疾患
 #股関節疾患

◎“#”と文字列との間は、空けずに詰めてください!

時折、ハッシュマーク“#”と次に続く文字列との間にも半角スペースを入れてしまうかたをお見受けします(たとえば、こんな感じ。→「# 股関節疾患」)。先述の通り、ハッシュタグの前後には半角スペースを添えて、タグと隣接する文字列を離す必要がありますが、“#”文字との間にはスペースは不要です。ここにスペースを入れて“#”と文字との間を離してしまうと、ハッシュタグとして正しく機能しなくなります。かならずハッシュマーク“#”と文字との間は空けずに詰めて、“#”の次に続く文字列密着するようにしてください。
例: ×  # 股関節疾患 (「#」と「股」との間のスペースは不要)
 #股関節疾患

◎使い方を間違っていない筈なのに、検索結果に反映されない場合は?

ごく稀に、これらの注意事項をすべて守って正しく使っている筈なのに、ハッシュタグを含む投稿が検索タイムラインに表示されない場合があります(舞姫自身も、過去に何度か経験しています)。ただ、こうした不具合はTwitterの一時的な“バグ”(bug:「小さな虫」という意味。コンピュータプログラムに含まれる誤りや障害のこと)である場合が多く(ちなみに、アカウントを開設されて間もない場合や、ハッシュタグの利用歴が浅い場合、この類のバグが起こりやすいらしいです)、時間の経過とともに自然に修正される場合が殆どだそうです。なので、検索結果に反映されなかったからといって凹まずに、しばらく様子を伺いながら根気強くタグ付ツイートの投稿を続けられてみてください。

◎ページ先頭へ


※“非公開設定”にはされないことを、お勧めします。

なお、アカウントを“非公開設定”にされているユーザーさんのツイートは、当然ながら検索結果には反映されない仕組みになっています。“ハッシュタグ”は、Twitterの検索機能を利用してタグを含むツイートをカテゴリ化させるものなので、非公開ユーザーさんの場合は、せっかハッシュタグを添えても、残念ながらツイートが検索抽出されることは原則的にありません。ご自身のPCや携帯電話で開いた検索タイムライン上には表示されていても、他のユーザーさん達の検索結果には反映されていません。試しに、一旦ログアウトしてから検索タイムラインを開いてみると判ります。(ただし、もとは公開アカウントだったユーザーさんが途中で非公開設定に変更された場合は、状況によっては公開されていた頃の過去のツイートが検索結果に反映されることはある模様ですが…)

また、非公開設定を施された状態だと、フォロー認証を経て相互フォロー関係が成立しない限りは、他のユーザーさん達はツイートを読むことは当然できないため、せっかくリプライを投稿されても先方のタイムラインの“通知”には表示されなかったり等、ユーザー同士のコミュニケーションを図るうえで何かと不都合なことも多いので、ハッシュタグを利用した交流&情報交換を希望される患者さんは、アカウントを非公開設定にされないことを、お勧めします。

◎ページ先頭へ


※検索結果を全て表示させる方法について。

時折、「Twitterの検索結果の全てを表示できない」といった内容の発言をお見受けすることがあります。この方法については、意外と知らないユーザーさん達も多いのかな?…という気もしたので、ちょっと簡単に説明したいと思います。まず、PC版の公式Twitterで検索を行うと、検索結果ページ上部に「トップ/ライブ/アカウント/画像/動画/その他の設定」と表示される箇所があるかと思います。PC版公式では「トップ」デフォルト設定になっているため、このままの状態だとTwitter側で勝手に抜粋した“注目度の高いツイート”しか表示されません。検索結果を全て表示させるためには、「ライブ」の文字上をクリックしてください。(下記画像↓は、PC版公式の検索結果ページ)


「ライブ」を選択すると、検索結果を全て表示させることができます。

ちなみに、Twitterを始めた当時から、もっぱらPC版公式を愛用する舞姫は、アプリケーションの使い方についてはあまり詳しい知識がないのですが(汗)、アプリも基本的な操作法はPC版公式とそれほど変わらないと察しますし、何らかの形で切り替える方法が必ずあると思います。アプリを愛用されるユーザーさん達も、各自で方法を確認されたうえで、検索結果ページから漏れなく情報収集ができるよう操作されてください。

◎ページ先頭へ


※ハッシュタグ“#hipjoint”について。

舞姫がTwitterを始めて間もない当時、股関節疾患を持つ患者さん達が数多く集うハッシュタグといえば、半角英文字を使用した #hipjoint が主流でした。ただ、2014年夏あたりから #hipjoint の検索タイムラインを多量の英文アカウントによる連続投稿で埋め尽くされるという事態が頻繁に起こるようになったので、日本人のユーザーさん達のみで、変形性股関節症(臼蓋形成不全)のみに話題を限定せず、大腿骨頭壊死症や股関節唇損傷、乳幼児の先天性股関節脱臼など、さまざまな股関節疾患に関する話題全般について広く交流&情報交換できるような場を作りたいと思い、海外アカウントがタイムラインに紛れ込んでくる心配のない #股関節疾患 への引越しを、舞姫から提案させて頂いたという経緯がありました。

おかげさまで、これまで #hipjoint を利用されてきた多くの患者さん達が舞姫の引越し案を快く理解してくださり、#股関節疾患 も患者さん達の交流&情報交換の場として定着するに至りましたが、なにせ #hipjoint はTwitterで“日本語ハッシュタグ”が使用可になる以前から数多くの患者さん達が集まって交流&情報交換を続けてきたという経緯もあり、若干ではありますが現在でも時折 #hipjoint のタイムラインでも日本人の患者さんの投稿をお見受けすることがあり、また #股関節疾患 #hipjoint を併用して投稿されている患者さんもいる模様です。

先述の通り、現在ではタイムラインの大半が海外アカウントで占められる #hipjoint ですが、ごく稀に日本語で意外な情報が投稿されている可能性もありますので、参考までに時折チェックされてみるのも良いと思います。筆まめな舞姫は、文字数制限の厳しいTwitter(1投稿につき140文字以内)で複数タグを併用すると正直つらいので(#股関節疾患(6文字)+#hipjoint(9文字)+半角スペース2ヶ所=計17文字取られます)、この2つのハッシュタグを併用する機会はあまりないのですが(汗)、余裕のある患者さんは#股関節疾患 #hipjoint を併用して投稿されてみるのも、ひとつの手かと思います。

※舞姫が患者さん達に引越しの提案を呼び掛けたツイートは、こちら。♪

◎ページ先頭へ


■フォローを頂く前に…。

舞姫は“リンクフリー肯定論者”なので、「無断フォロー禁止!」などとアホなことは言いません。どうぞ、ご自由に舞姫をフォローされてください(Twitterにおける舞姫の解釈については、こちらをご一読頂ければ幸いです。→リンクよもやま話『“リンクフリー肯定論者”としての舞姫の、“Twitter”における解釈』)。勿論、症状改善に前向きに取り組む患者さんからフォローを頂けるのであれば自分も歓迎します。ただ、これは股関節疾患を持つ患者さんに限らず、すべてのTwitterユーザーさん達に対しての共通項なのですが、あつかう話題や情報などに舞姫との共通性が伺われないなど、自分とは趣味趣向や世界観などが極端に異なる場合は、リフォロー(フォロー返し)はしかねますので、どうかご了承ください。

例えば、せっかく股関節疾患を持つ患者さんからフォローを頂いても、プロフィールページの自己紹介文や近々のツイートからも股関節疾患に関する記述を確認できなかった場合は、そのユーザーさんが股関節疾患を持っておられることは自分には判らず、リフォローの判断にも迷うので(汗)、お手数ですが差し支えなければプロフあるいは近々のツイートに、股関節疾患をお持ちの患者さんであることが判る記述を頂ければ助かります。勿論、リプライあるいはメンションにて、その旨お声をお掛け頂いても構いません。ただ、身勝手を言って誠に恐縮なのですが(汗)、これらの条件を満たすユーザーさんであっても、必ずしも100%フォロー返しを保障するものではありませんので、どうかご理解くださいますよう、お願い致します。m(__)m

時折、ツイートを“非公開設定”にされるユーザーさんからフォローを頂きますが、舞姫はリフォローしません。ツイートは、プロフィールページに記述される自己紹介文と同様、そのユーザーさんの“人物像”を判断するうえでの貴重な情報です。もとは公開アカウントだったユーザーさんが、舞姫との相互フォローが成立して以降、なんらかの諸事情でアカウントを非公開設定にされたという場合であれば、致し方がないのですが、フォローを頂いた時点で既に非公開設定が施されていて、ツイートを読むことができない状態となっていた場合は、そのユーザーさんのお人柄を事前に感じ取ることは難しいため、こちらからフォロー返しさせて頂く可能性はありません。恐縮ですが、どうかご了承くださいますよう、お願い致します。

◎ページ先頭へ


■“プロフィール”にも、ちょっと工夫を。♪

舞姫の場合、Twitter上でユーザーさんと初めて出会ったら、最初に必ず確認するのは、プロフィールページに記述される“自己紹介文”です。まずは、その人がいかなる人物であるかを知りたいからです。たまに、プロフページの自己紹介欄を未記入にされているユーザーさんをお見受けしますが、やはり人物像が掴み取りにくいので、正直とても困ります(汗)。Twitterプロフの文字数制限は“160文字以内”です。この制限内で、どんな人が読んでも人物像が伝わるような自己紹介文を作るのは難しいかと思いますが、ぜひ各自で趣向を凝らされてみてください。

また、これの前の項目でも少々触れておりますが、股関節疾患においてTwitter上で交流&情報交換の意思があるのなら、まずはご自身が股関節疾患を持つ患者であることを示さないことには意味がないので、プロフへ記される自己紹介文にも、ちょっと工夫を施されることを勧めます。疾患名(臼蓋形成不全・変形性股関節症・大腿骨頭壊死症など)は勿論、発覚の時期手術の有無など、可能な限り具体的に記されてください。手術を既に経験された患者さんは、術式名などを記すのもいいと思います。ご自身の疾患についてプロフに記述されることで、他の患者さん達との有意義な交流&情報交換を効果的に導いてくれることと思います。

なお、もしご自身の疾患においてTwitterを利用した交流や情報交換を望まない、あるいは股関節疾患を持つ患者であることを他人に知られたくない…という話であれば、Twitter上でご自身の疾患について触れられることは、お勧めしません。 Twitterは世界中の人達が閲覧可能な“公開型”ツールなので、プロフに記述する自己紹介文は勿論、なにげに普段つぶやかれるツイートなども、すべて世界中の不特定多数の人達が読むことのできる状態で公開されますし、情報拡散力に優れたTwitterなので、たとえ些細な発言でも状況によっては一瞬にして広範囲に拡散されます。なので、交流&情報交換を希望されない、あるいは疾患を他人に知られたくない場合は、プロフは勿論、普段投稿されるツイートなどでも、股関節疾患を持つ患者であることを匂わせる表現は、極力避けたほうがよろしいでしょう。もし、それができないという話であれば、アカウントを“非公開設定”にされることを、お勧めします。

◎ページ先頭へ


■必要最低限の“使い方”を習得されてください。

時折、Twitterの“機能”“使い方”等、よく理解されておられないユーザーさんをお見受けすることがあります。なかには、“リプライ”“ダイレクトメッセージ”の確認や返信の方法が判らなかったり、あるいはそういう機能の存在すら知らなかったりするユーザーさんも存在したりして、舞姫もコミュニケーションが成り立たず困った経験が何度かあります(汗)。また、せっかくご自身の股関節疾患において“交流&情報交換”を積極的に行う意志があり、普段から志の高い発言を数多く投稿されているのにもかかわらず、“ハッシュタグ”の使い方を理解されておられないユーザーさんをお見受けするたびに、本当に勿体ないなぁ…と思います。

かくいう舞姫も生粋の“アナログ人間”なので(汗)、アカウントを取得して間もなかった当時は右も左も判りませんでしたが、Twitterは使い込むうちに要領なども次第に身に付いてきますし、たいていの疑問は「公式ヘルプ」ツイナビの「使い方ガイド」で解決可能かと思います。だから、“Twitter初心者”であることを“言い訳”にしないでください。どんなに志の高い患者さんであったとしても、Twitterの機能や使い方をよく理解されていないことが交流や情報交換の妨げとなってしまうようでは何の意味もないので、Twitterアカウント持つのであれば、せめて必要最低限の“使い方”を習得され、ユーザーさん達同士のコミュニケーションに支障をきたさない程度の知識は身に付けられるよう努めてください。m(__)m

◎ページ先頭へ


■アカウントをお持ちでない患者さんへ。

Twitterは世界中の人達が閲覧可能な“公開型”ツールなので、ログインの有無あるいはアカウントの有無を問わず、舞姫のツイートはどなたにでもお読み頂くことが可能です。サイトに即時反映できない話題や情報など、このTwitterに綴っていることもありますので、アカウントをお持ちのかたも、そうでないかたも、どうぞお気軽に舞姫のプロフページへお立ち寄り頂ければ幸いです。♪

ただ、もしTwitterというツールにも興味を抱いて頂けましたら、これを機にぜひアカウントの取得をお勧めいたします。1回の投稿につき“140文字以内”という文字数制限は、筆まめな舞姫には正直きついのですが(汗)、ホームページやブログの運営を手掛けるまでの余裕がないかたでも、Twitterであれば気軽に始められるのではと思います。情報拡散力&収集力に優れたTwitterは、普通に検索エンジンで調べているだけではなかなか得られないような話題や情報なども入手できたりするので、現在では自分も股関節疾患だけに限らず、様々な情報発信&収集に便利に活用しております。アナログ人間の自分も、始めたばかりの当時は右も左も判りませんでしたが、Twitterは使い込むうちに要領なども次第に判ってきます。ぜひアカウントを取得されて、Twitterを楽しまれてください。♪


★参考サイト

 Twitter 公式ナビゲーター twinavi [ツイナビ]
  本文中のTwitter用語に、こちらの用語集からリンクを貼らせて頂きました。


★管理人「薄野の舞姫」のアカウントは、こちら。♪ → @maihime_cue


◎ページ先頭へ






“臼蓋形成不全”とは?   発覚までの経緯   舞姫の3つの“分岐点”   保存療法の重要性

股関節の機能&重要な筋肉   信頼できる医療機関と出会うために   股関節リンクのページ

著作権に関する注意    『お気楽日記』    Twitter


“臼蓋形成不全”について…はじめのページへ