臼蓋形成不全 − 股関節の機能&重要な筋肉 

はじめに…
股関節の機能
屈曲・伸展・外旋
ちょっと憶えておきたい“開排制限”(かいはいせいげん)という言葉
重要な筋肉
腹横筋(ふくおうきん)
腸腰筋(ちょうようきん)
中殿筋(ちゅうでんきん)
大殿筋(だいでんきん)
ハムストリングス(Hamstrings)
大腿四頭筋(だいたいしとうきん)
内転筋群(ないてんきんぐん)
大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)
深層外旋六筋(しんそうがいせんろっきん)
“使える身体”を作るための機能回復訓練
健康な身体作りは、美しいウォーキングから
多彩な訓練の数々で機能回復を!





●はじめに…


“臼蓋形成不全”のリハビリテーションにおける必須項目は、股関節の周囲を中心とした筋力および柔軟性の強化です。これらを鍛え、“荷重関節”である股関節を衝撃から保護するとともに、関節としての機能を補助することで、進行性の“不治の病”と呼ばれるこの病気における症状を改善し、その進行を遅延させることが可能です。目指すは、強くて柔らかい筋肉です。無論、ただ鍛えるだけでは意味がなく、筋トレやストレッチで強化した筋肉の機能を正しく有効に活用し、“使える身体”を作っていくための訓練も欠かせません。

このページでは、舞姫が'08年8月から始めて現在に至るまで続けるリハビリ通院で得た知識や情報をもとに、股関節の機能および筋肉の働き、それらを有効活用させるために必要な機能回復訓練などについて、綴っていきたいと思います。なお、“保存療法”のページでも触れましたが、ここではリハビリの具体的な内容については、さほど詳しくは記しません。患者それぞれで症状や治療法・対処法なども異なるリハビリテーションにおいて、我流は厳禁です。なので、ここでの舞姫のお話は参考程度に留めて、必ず専門的な知識や心得を持つ医療従事者の適切な指導のもとで、リハビリに努められてください。

◎ページ先頭へ


●股関節の機能

・屈曲 … 脚を前方へ上げる動作
・伸展 … 脚を後方へ上げる動作
・外旋 … 脚を付根から外側に廻す動作
・内旋 … 脚を付根から内側に廻す動作
・外転 … 脚を真横に上げる動作
・内転 … 真横に上げた脚を元に戻す動作


これまでのリハビリ通院で得た知識や情報を整理し、股関節の持つ機能やそれに伴う筋肉の働きなどを解体したうえで、舞姫自身の症状の緩和や、ダンサーとしての立場からのハンディの克服において、重要な事項を抽出していったところ、これら6種類の股関節の機能のうち、現在の舞姫が最も苦手とし、機能改善における大きな課題となるのは、“屈曲”“伸展”“外旋”の3つに絞られます。ただし、ここで挙げた3つの機能は、舞姫の不得手とする項目としてピックアップしたに過ぎず、状況に応じて6種類すべての機能回復のための訓練を行うことが、症状改善において重要であることは、言うまでもありません。

◎ページ先頭へ


★屈曲

“屈曲”(くっきょく)というのは、脚を前方へ上げる動作です。ちなみに舞姫が苦手とするのは、“膝を曲げずに脚を伸ばした状態”での屈曲で、いわゆる前屈系の動作です。舞姫の場合、ハムストリングス柔軟性の尋常でないほどの欠落が、屈曲における大きな妨げとなっており、お恥ずかしいことにダンス歴20年にして、未だ舞姫が立位体前屈で手の平を床に付けることができないのは、このためです。なお、無理して屈曲させようとすれば、正しい姿勢を維持できず骨盤が後傾してしまい、これにより上半身の筋肉も緊張させ、腰や背中にまで負担が及びます。


★伸展

“伸展”(しんてん)というのは、脚を後方へ上げる動作です。舞姫の場合、腸腰筋大腿四頭筋柔軟性の尋常でないほどの欠落が、筋収縮による骨盤の前傾を誘発し、この伸展における大きな妨げとなっています。無理して後方へ脚を上げようとすると、正しい姿勢を保つことができず、身体の向きが横側に開いて傾いてきてしまい、これを修正しようとすると上半身の筋肉も緊張することで不必要に背中が反ってしまい、腰にまで負担が及びます。


★外旋

“外旋”(がいせん)というのは、脚を付根の部分から外側に廻して開く動作です。これは、ダンスの世界では“アン・ドゥオール”(En Dehors)あるいは“ターン・アウト”(Turn Out)といって、クラシックバレエやジャズダンスにおける必須技法なわけですが、舞姫の場合は股関節の可動域低下による“開排制限”後述)が災いし、思うように外旋することができず、無理して外旋させようとすると、股関節は勿論のこと、膝や腰・足首などにも負担を掛けてしまいます。

なお、この外旋において最も重要な役割を果たす筋肉としては、“深層外旋六筋”(しんそうがいせんろっきん:後述)と呼ばれる筋肉群がありますが、ここは“インナーマッスル”(Inner Muscle:外観的には判りにくい、身体の深層部にある「内側の筋肉」のこと)といって、患者が単独で筋力や柔軟性を鍛えることは難しいため、舞姫の場合は同様に股関節外旋の機能において大きな役割を担うといわれる、中殿筋や大殿筋などの筋力強化により、この外旋機能の改善を心掛けています。

◎ページ先頭へ


★ちょっと憶えておきたい“開排制限”(かいはいせいげん)という言葉

“開排”(かいはい)というのは、股関節の“外旋”“外転”を併せた動作のことです。ダンスをされるかたは、股関節を“ターン・アウト”(Turn Out:外旋)した状態で“ア・ラ・スゴンド”(A La Seconde:横方向へ)でパッセやタンデュやバットマンなど諸々の基本技法をされる機会がとても多いかと思いますが、ここで重要な役割を果たす機能が、この“開排”という動作です。なお、母子保健法で定められる“乳幼児健診”では、この開排時の関節可動域が、股関節の異常の有無を探るうえでの重要ポイントとされています。(乳幼児の股関節疾患については、「疾患概要」のページでも項目を設けていますので、よろしければ併せてご一読ください。→こちら

ちなみに、大人になってからの発覚だった舞姫は、リハビリ通院を始めて間もない頃に、この言葉を初めて知ったのですが(月初めに作成される“リハビリ実施計画書”の備考欄に、「開排制限あり」と記されていました)、舞姫と同じ先天性の股関節疾患を持つ患者さん達のなかには、乳幼児期に受けられた健診で、股関節の開排制限を既に指摘されていたかたもおられるかと思います(あとで“母子健康手帳”を確認したところ、確かに舞姫も「股関節の開排制限」という項目で“有”に○が記されていました)。

“乳幼児健診”で股関節の“開排制限”に問題があると診断された場合、この時点で“先天性股関節脱臼”あるいは“臼蓋形成不全”の疾患名を告げられ、症状によっては“リーメンビューゲル”と呼ばれる装具を身に着けたり、悪化を防ぐための日常生活の配慮(“おむつ”の当て方、“抱っこ”や“おんぶ”の方法等の工夫)などで、先天性の股関節疾患を症状進行させないための対策が乳幼児期のうちに講じられることになりますが、舞姫の場合は乳幼児期に股関節の治療や処置が施された形跡はなく、母の話でも健診時は医師からも股関節については特に気になる指摘は受けなかったそうです。

たぶん、乳幼児健診の際に舞姫を診察した当時の医師は、比較的軽度な先股脱は認められるものの、治療や処置を施したり、乳幼児期のうちに改善策を講じたりまでの必要には至らないと判断したんだと思います。早期発見が難しいとされる先天性の股関節疾患ですが、乳幼児健診で特に股関節の異常を指摘されなかったにもかかわらず、大人になってある程度の年齢に達して発覚する患者さん達の多くは、おそらくこのタイプではないかなという気がします。ただ、大人の患者さんの場合でも、適切なリハビリで股関節周囲の筋肉群の“筋力”“柔軟性”の強化に努め、関節可動域の向上を図ることで、この“開排制限”改善していくことは充分可能です。

◎ページ先頭へ


●重要な筋肉

上半身と下半身とを連結させる“中継地点”となる股関節には、その双方を繋ぐためのさまざまな種類の筋肉が密集し、複雑に絡み合っています。これらの筋肉群は、股関節を衝撃から保護しその動作を助ける役割を果たしており、その筋力柔軟性強化させることにより、拘縮による炎症や稼働域制限などの症状を改善し、その進行を遅延させることが可能です。ここでは、このリハビリ通院で舞姫が学んだ、症状の改善や機能回復のために重要な役割を果たす筋肉について、記述させて頂きたいと思います。

※筋肉のイラストは、「整体の学校手力整体塾」『筋肉図鑑 - 小さな整体学校の公開解剖テキスト』より、転載させて頂きました。

◎ページ先頭へ


☆腹横筋


“腹横筋”(ふくおうきん)というのは、背中から下腹部に至るまでをくるりと取り巻くことで身体をコルセットのように支えており、ダンスは勿論のこと、あらゆるスポーツの分野において最も大切な、バランス感覚や安定性を高める身体の“芯”を作るために、重要な役割を果たす筋肉です。先に記した深層外旋六筋と同様に、この腹横筋も鍛えることが難しいといわれる“インナーマッスル”(Inner Muscle)に属しますが、臼蓋形成不全や変形性股関節症などの股関節疾患の症状改善においても、腹筋群のなかでは最も重要であり、普段から意識して筋力の強化を心掛けることが大切なのだそうです。
“腹横筋”(ふくおうきん)

◎ページ先頭へ

☆腸腰筋


“腸腰筋”(ちょうようきん)というのは、背骨と大腿骨との間を、脚の付根の前側を経由してつないでいる、大腰筋・小陽筋・腸骨筋の3つの筋肉の総称です。この腸腰筋の柔軟性の欠落が、股関節の伸展機能における大きな妨げになっていることは、先に記した通りですが、上半身と下半身との間を、脚の付根の前側を経由してつなぐ腸腰筋は、骨盤を正しい位置に保ち、“美しい姿勢”を維持するためにも、重要な役割を果たします。よって、この腸腰筋が硬い場合、立位の際に骨盤が前傾し、猫背や “出っ尻”になってしまったり、背中が不必要に反り過ぎてしまうことで腰痛の要因にもなるといわれています。
“腸腰筋”(ちょうようきん)

◎ページ先頭へ

☆中殿筋

臼蓋形成不全や変形性股関節症など、股関節系の病気を持つかたは、主治医の先生や理学療法士さんから、“中殿筋”を鍛えることの重要性を指導されているかと思います。“中殿筋”(ちゅうでんきん)というのは、お尻の横側にある筋肉です。球状の大腿骨頭を支える“屋根”である臼蓋の形状が不完全な場合、大腿骨が外れぬよう、内側に集めようとする力が潜在意識として働き、内腿を常に緊張させる状態を作り出してしまうのですが、この中殿筋の筋力を強化させることによって、大腿骨が外れてしまうことを防いで内腿の緊張を抑えることができ、結果的に股関節痛の緩和へと繋がっていきます。股関節外転が主な役割として挙げられる中殿筋ですが、外旋においても大きく働きます。また、バランス感覚を司る筋肉としても知られ、あらぬ方向へ骨盤が傾いてしまうことを防ぎ、美しい姿勢を保つために、重要な役割を果たしています。
“中殿筋”(ちゅうでんきん)

◎ページ先頭へ

☆大殿筋


“大殿筋”(だいでんきん)というのは、殿筋群のなかでは最も大きい、いわゆる“お尻の膨らみ”を作る筋肉です。舞姫が、腸腰筋の柔軟性不足が故に、伸展系の動作を不得手とすることは、先に記した通りなのですが、股関節の伸展機能には、大殿筋の筋力も大きく関わってきます。従って、本来ならば伸展系の運動を行うことで、大殿筋の筋力は自然に鍛えられる筈なのですが、そもそも腸腰筋の柔軟性の欠落が伸展における大きな妨げとなっている舞姫の場合は、脚を後方へ上げるという動作で大殿筋を鍛えることは難しいため、別な方法で大殿筋の筋力強化を試みる必要があります。また、股関節の外旋にも重要な役割を果たす大殿筋の筋力強化は、ダンサーにとって必須技法である正しく美しい“アン・ディオール”(En Dehors)においても、有効であるといわれています。
“大殿筋”(だいでんきん)

◎ページ先頭へ

☆ハムストリングス


“ハムストリングス”(Hamstrings)というのは、太腿の後ろ側にある、半腱様筋・半膜様筋・大腿二頭筋の、3つの筋肉の総称です。このハムストリングスは“二関節筋”といって、2つの関節をまたぐような形で付着しています。坐骨を起点とするこれらの筋肉は、大腿骨を経由し膝関節をまたいで、脛骨頭&腓骨頭に繋がっており、それ故に膝を曲げた状態だと、それほど負荷がかからないので、ある程度の高さにまでは脚を持ち上げることが可能ですが、膝を曲げずに伸ばした状態で脚を上げようとすると、これら太腿の後ろ側にある筋肉は引っ張られて緊張した状態と化すため、このハムストリングスの柔軟性に欠ける舞姫は、脚を上げることができなくなるというわけです。
半腱様筋 半膜様筋 大腿二頭筋

◎ページ先頭へ

☆大腿四頭筋

“大腿四頭筋”(だいたいしとうきん)というのは、太腿の前側にある、大腿直筋・中間広筋・外側広筋・内側広筋の4つの筋肉の総称で、脚の“バネ”的な存在として知られ、跳躍系の動作において大きな役割を果たしています。股関節と大腿骨とをつなぐ大腿四頭筋は、屈曲・伸展・外旋などの股関節の機能においても、重要な役割を担っており、股関節の稼働域制限に伴う筋力および柔軟性の低下が症状の大きな特徴とされる臼蓋形成不全や変形性股関節症などの股関節疾患の場合も、やはりこの大腿四頭筋の筋力&柔軟性の不足が見受けられ、リハビリテーションによる症状の緩和や機能回復の必要性が指摘されています。
“大腿四頭筋”
(だいたいしとうきん)

◎ページ先頭へ

☆内転筋群


“内転筋群”(ないてんきんぐん)とは、長内転筋・短内転筋・大内転筋・恥骨筋・薄筋など複数の筋肉の総称で(左記イラストは、大内転筋)、立位の姿勢で互いの両脚の太腿が接する箇所の、いわゆる“内腿”と呼ばれる筋肉です。その名の通り、股関節の内転が主な役割として挙げられますが、股関節の外旋機能を補助する役割も担います。また、球状の大腿骨頭を支える“屋根”である臼蓋の形状が不完全な場合、大腿骨が外れぬよう内側に集める力が無意識に働くことで、この内転筋群を常に緊張させて拘縮を誘発する状態を作り出しているために、些細な動作でも傷めやすかったりするそうです。よって、普段からストレッチなどで、この内転筋群を柔軟にするよう努めることで、症状の緩和とともに、外旋機能の改善にも効果が望めます。
“大内転筋”
(だいないてんきん)

◎ページ先頭へ

☆大腿筋膜張筋

“大腿筋膜張筋”(だいたいきんまくちょうきん)というのは、脚の付け根より少し下の斜め前あたり〜太腿の横側へと続く、ちょうどズボンのポケットに手を突っ込むと触れるあたりにある筋肉です。主な役割は股関節の外転ですが、屈曲内旋においても大きく働きます。また、歩行時などに股関節が不必要に外旋してしまうことを防いで、脚を真っ直ぐに保つ働きもあります。スポーツをされるかたの場合、オーバーユース(Overuse:使い過ぎ)による疲労蓄積で傷めやすい箇所であり、炎症を起こし悪化させると、連結して太腿の横側に続く腸脛靱帯にまで負荷がおよび、“ランナー膝”(腸脛靱帯炎)と呼ばれる膝疾患へと進展する危険性もあるとのことで、股関節の稼働域制限に伴う筋力および柔軟性の低下が症状の大きな特徴とされる臼蓋形成不全や変形性股関節症などの股関節疾患の場合も、ストレッチ等により柔軟性を強化し、筋肉疲労の軽減に努めることが重要とされます。
“大腿筋膜張筋”
(だいたいきんまくちょうきん)

◎ページ先頭へ

☆深層外旋六筋


“深層外旋六筋”(しんそうがいせんろっきん)とは、骨盤と大腿骨をつなぐ内閉鎖筋・外閉鎖筋・上双子筋・下双子筋・大腿方形筋・梨状筋の6つの筋肉の総称で(左記イラストは、梨状筋)、その名の通り、股関節の外旋機能において大きな役割を果たす筋肉群ですが、“インナーマッスル”(Inner Muscle:外観的には判りにくく触診も困難な、身体の深層部にある「内側の筋肉」)に属するため、自力での鍛錬は困難とされます。ネットなどで情報を探ると、一見手軽にできそうな訓練法も多く紹介されていますが、この股関節疾患の場合稼働域低下による開排制限が災いし、これらの訓練を迂闊に試せば股関節は勿論、膝や腰・足首などへも大きな負担が及び、却って症状悪化を招く危険性もあるので、この筋肉群においては、くれぐれも独学での訓練は避け、専門の知識や心得を持つ医療従事者とよく相談のうえで実践されることを勧めます。
“梨状筋”
(りじょうきん)

◎ページ先頭へ


●“使える身体”を作るための機能回復訓練

リハビリテーションの目的は、筋力や柔軟性の強化ばかりではなく、むしろ最も重要なのは、筋トレやストレッチで得た身体能力を、正しく有効活用できるよう努めることです。「鍛えるだけじゃダメ。“使える身体”になるためのリハビリなんだよ!」…舞姫が通院する整形外科の理学療法の先生達が、口を揃えたかのように言う台詞です。いくら物理的に筋力や柔軟性を鍛えても、それらの機能を自身で“制御”できなければ、意味はないのです。よって、筋力や柔軟性の強化と同時並行で、“使える身体”を作るための機能回復訓練も行っていくことが必要不可欠となるわけです。

◎ページ先頭へ


★健康な身体作りは、美しいウォーキングから

舞姫が通院する整形外科の理学療法の先生達曰く、健康な身体作りにおいて最も重要なのは、日常生活においても頻繁に行われる動作である“歩行”の改善だそうです。なお、ここの理学療法の先生達から舞姫が指導された歩行法は、プロのモデルの世界でも充分通用する、“ウォーキング”の基本中の基本です。正しく美しい姿勢や所作・歩行法を身に付けることにより、関節など身体に掛かる負荷を最小限に抑え、歩行時の苦痛を軽減することが可能です。

無論、歩行訓練は通常に行うウォーキングのみにとどまらず、下肢リハビリの定番である“ニー・ベント・ウォーク”(Knee Bent Walk:両膝を曲げた状態で、重心を移動させながら歩く)をはじめ、さまざまなヴァリエーションが存在します。これらの歩行訓練の数々を適切に組み合わせて行うことにより、あらゆる角度から疾患に伴う欠陥を補い、その機能の改善を試みることが大切です。

◎ページ先頭へ


★多彩な訓練の数々で機能回復を!

リハビリによる機能回復訓練は、先に記述した歩行訓練のほかにも、日常生活で頻繁に行われる“立ち座り”の動作を応用したスクワット運動の数々や、バランス感覚を身に付けるための“片脚立ち”とその応用運動など、その種類は多彩な数におよびます。たとえ、ある特定の箇所の機能を鍛えることが目的であったとしても、その訓練法は一種類のみにとどまらず、多種多様な方式が存在し、特定の種類の訓練法だけに偏らず、さまざまな方式を効率よく織り交ぜて訓練を行うよとにより、あらゆる角度から身体を覚醒させ、その機能回復を図ることが重要となってきます。

ただし、我流が厳禁であるリハビリテーションにおいては、患者それぞれの症状や身体能力によって、どのような方式による訓練が必要なのかも微妙に異なってくるわけで、無論その選択を誤れば、却って症状の悪化を誘発する危険性もあります。くれぐれも、患者の独断による訓練法の選択は避け、専門の知識を持つ医療従事者の指導のもとで、ご自身の症状に適合した訓練を行い、“使える身体”を目指して精進されることを、舞姫も希望したいと思います。

◎ページ先頭へ






“臼蓋形成不全”とは?   発覚までの経緯   舞姫の3つの“分岐点”

保存療法の重要性   信頼できる医療機関と出会うために

『お気楽日記』   Twitter   股関節リンクのページ   著作権に関する注意


“臼蓋形成不全”について…はじめのページへ